古文書編

8 の例文 (0.00 秒)
  • 古文書編は1947年に刊行を始め、1957年までに9巻を刊行。 ...
  • 本編である古文書編は文治元年から正慶2年までの文書3万5千通を収録、諸本からの引用部分や紙背文書・金石文などからも採録されている。 ...
  • ところが、昭和四十四年に岐阜県から『岐阜県史』が出版され、その中の「古文書編」に収められた十数通の道三関係古文書が、道三の伝記を書くうえに、非常に役だった。 ...
  • ことに、古文書編に集録された古文書のなかで、土岐・長井氏、および道三・義竜らの書状、安堵状、禁制などを、読み下しにして、転載させて頂いた。 ...
  • 本編97巻のほか、「高野山之部」81巻、附録の古文書編17巻、全195巻からなる。 ...
  • 「古記録編」は1967年より『山科家禮記1』で刊行開始、「古文書編」が1971年より『熊野那智大社文書1』で刊行開始。 ...
  • 古文書編42巻、補遺4巻、索引編5巻。