古文書研究

16 の例文 (0.00 秒)
  • 公家様文書は、日本の古文書研究における区分の1つで公家において用いられた文書様式を指す。 ...
  • 武家様文書は、日本の古文書研究における区分の1つで、主に武家において用いられた文書様式を指す。
  • とは言うものの、古文書研究者の湯山賢一によれば、印信の歴史を考えれば偽書であることは明白であるという。 ...
  • 東大寺などをはじめとする畿内寺社の古文書研究や鎌倉時代の制度史に関する研究を進め、中世古文書学の発展に尽くした。 ...
  • 会誌『古文書研究』を年2回刊行しているほか、大会・古文書見学会を開催している。 ...
  • その後、古文書研究などから桃太郎伝説は実話で、鬼無という地名からその場所が現在の鬼無地区であることをまとめ、演説を聴いてから16年後、彼が40歳の時にその論文を発表するに至った。
  • 磯田道史の古文書研究による解読によれば、近世期の毒見役とは、毒見をする係ではなく、毒見をさせる係であり、その毒見をさせられたのは、調理担当者と御膳を運ぶ者とされる。 ...
  • 小林 正博は日本の仏教学者・古文書研究者。 ...
  • そして、高山寺、醍醐寺などの古文書研究で業績を残した。
  • 特に延宝8年の「高野山文書」、天和元年の「東大寺文書」の調査は、古文書研究の上でも後世に大きく貢献することとなった。 ...
  • 地震発生当時の館内には職員6人、利用者4-5人、古文書研究会員2人がいたが、利用者を避難誘導してから館内で図書の整理作業を行っていた職員6人と非番の職員1人の7人が亡くなった。 ...
  • 美術史・古文書研究者の羽田聡も、崩御直前にも関わらず「これだけ力強く荘厳な筆跡は、強靭な精神の表れである」と評し、加えて、空海に対する強い追慕の念を指摘する。 ...
  • 左|サムネイル|義人の壁イサック・シュネルソンと古文書研究サービスの責任者であった歴史家のはレジスタンス活動家らの協力を得て、ユダヤ人問題総合委員会、在仏ドイツ大使館、参謀本部、ヴィシー政権の事務総局、そして特にゲシュタポから秘密裏に貴重な資料を入手し、「現代ユダヤ資料センター」に集めた。 ...
  • 美術史・古文書研究者の羽田聡は、「魔法使いのような変幻自在ぶり」「書聖」と評している。 ...
  • アラビア語の古文書研究。 ...