古文書や記録

7 の例文 (0.00 秒)
  • 古文書や記録資料などは当初の成立年代以降に追筆や写本の作成などが行われることがあり、筆跡の判定は資料の作成・追筆時期やその背景などを探る要素として重視されている。 ...
  • しかし何世紀にもわたる苦難の変遷へんせんを重ねているうちに、進歩や生産が完全に停止したばかりか古文書や記録や文学まで喪失してしまったのだ。 ...
  • これらの古代火星人は非常に教養の高い民族だったが、そのように何世紀にもわたって次々に新しい環境に適応しようと苦闘をつづけているうちに、進歩や生産が完全にとまってしまったばかりでなく、古文書や記録や文学までほとんど全部失ってしまったのである。 ...
  • 日本においても古文書や記録資料、編纂資料などは多くが写本として伝来し、原本のほか写本が存在するものや、原本が伝存せず作成時期の異なる複数の写本が伝存しているケースなど、さまざまなものがある。 ...
  • この他、今川氏真の頃に家臣であった一族には松井相模守・松井又七郎・松井八郎三郎・松井内膳などの名が古文書や記録に見える。 ...
  • これは伊豆時代に『豆州志』を編纂するために古文書や記録のノートとして記したもので、伊豆時代には秋山富南と共著で巻十までが記される。 ...