口吻部

16 の例文 (0.00 秒)
  • このグループの外観上の特徴は、口吻部から突き出た二本の巨大な牙である。 ...
  • この状態では、口吻部の前突はあるが出っ歯は起こり得ない。 ...
  • 頭蓋骨の口吻部はプテラノドンに似て長く尖っており、歯がない。 ...
  • これは口吻部が長く伸びているためであるが、その口吻はソリハシシギのように上に向かって大きく湾曲している。 ...
  • 耳が立ち、口吻部が尖ったスピッツの系統の犬で、白い被毛を特徴とする中型の犬である。 ...
  • 口吻部の全端部の骨である前上顎骨にある3本の歯はかなり平らで、やや外側を向き、歯冠の前縁が隣接する歯の歯冠の後縁の外側と重なっている。 ...
  • 口吻部の鋭い牙や頭部の角や突起、或は異様に肥厚した頭骨など、異様な外観の頭部を持つものも少なくない。 ...
  • 口吻部の中ほどにある骨の板caputegulaが大きく、目立ち、おおよそ三角形をしている。 ...
  • ブル・ベイティングに際して、牛の鼻や耳、舌に喰らいついて放さないための頑丈な口吻部を持つと同時に、その間も呼吸できるよう頭部全体が大きく幅広く、顎が鼻よりも前に出る。 ...
  • 一方で口吻部から触手を思わせる細長い探査センサーを繰り出し、本体が入れない場所でも偵察できる。 ...
  • カモノハシ恐竜、カモハシ竜としても知られ、鴨のように長く平たい口吻部が特徴的な草食恐竜が属する。 ...
  • その名「ディキノドン」の通り、口吻部から突き出た二本の牙が外観上の大きな特徴である。 ...
  • コートは硬いスムースコートで、毛色はホワイトを地としてブラックまたはブルーの大きなマーキングと、目の上や口吻部にイザベラ若しくはタンのマーキングが入ったもの。 ...
  • ディディニウムは細胞前端の口吻部にエクストルソームと呼ばれる射出器官を持ち、これをゾウリムシに打ち込んで動きを止め、飲み込んで消化する。 ...
  • 学名は、異歯類内の最大の分類群、「ディキノドン」類特有の口吻部から突き出た二本の牙から。 ...