口を割るまい

14 の例文 (0.00 秒)
  • そこにはどんなことがあっても口を割るまいという、決意のほどがうかがわれた。 ...
  • まだ何かあるのではないか、と攻められようとも、決して口を割るまい、と。 ...
  • どうせ何も口を割るまいとは思っていた。
  • しかし、いまそれを聞いてもこの男は口を割るまい。 ...
  • こんりんざい、口を割るまいという決心が、ありあり顔にあらわれている。 ...
  • そのような異常者なら、たとえ生捕っても、口を割るまい。
  • 当分やす子は口を割るまいと信じていた。 ...
  • あの男は思ひの外しつかり者らしいから、容易に口を割るまいが、うんとおどかしたら、何とか眼鼻がつくだらう。 ...
  • また馬方にしろ、たんまりと報酬をもらって口どめされているか、なにかの弱みでもにぎられていたら、口を割るまい。 ...
  • 老後の寄るなき身に住み家をあたえてくれるその人は、老母にとっても大切なスポンサーであるから、めったなことでは、口を割るまい。 ...
  • 「良典がおていをみごもらせて、そいつを自分で堕して失敗しくじったってことを白状させりゃ、間違いなくあいつは罪になるんだが、まずまともに訊いたら口を割るまいな」 それが公になれば大名家のお抱えも馘首くびになるし、医者としても通用しなくなる。 ...
  • 次第にこれが訓練ではなく、敵側の工作員による機密情報目当ての拉致だという疑念を否定できなくなったジェームズは、決して口を割るまいと拷問に耐える。 ...
  • トムも良心に苦しめられたあげくには、夜、弁護士の家へかけこみ、ものすごいとも、恐ろしいとも、あれほどの誓いをたてて、口を割るまいときめていた、その口の下から、恐ろしい話をはき出してしまったのであるから、人類に対するハックの信頼感は、ほとんど消えうせてしまっていた。 ...