口を切る

92 の例文 (0.00 秒)
  • 天皇の姿が消えるとともに、鈴木首相が立ち上がってすぐに口を切った。 ...
  • しばらくの間、僕たちは何もいわなかったが、やがて僕が口を切った。 ...
  • 彼女はからだを前にのり出して、慎重に言葉を選びながら、口を切った。 ...
  • アノーは手にもっていた本をもとの場所に返しながら口を切った。 ...
  • 「こんどは私の話ですよ」とシニョール・ジェロニモはまた口を切った。 ...
  • そして彼等がまだじっと見つめている間に、私は再び口を切った。 ...
  • 欄干てすりもたれて朝日川の水の流れを眺めている若侍の一人が口を切った。
  • が間もなく側の炭車トロへ腰かけながら、静かに改まった調子で口を切った。
  • しばらく沈黙がつづいていたが、かれは口を切ろうともしなかった。 ...
  • 礼ちゃんはまた口を切って、東京での僕の学校の様子を聞いた。 ...
  • その数分間の沈黙にたえかねて、最初に口を切ったのは秦のほうであった。 ...
  • それを聞いて女は沈黙を守るという誓いを破る気持になり、口を切りだした。 ...
  • 「今夜ある男がわしに会いにくることになっている」 Rがまず口を切った。 ...
  • その時彼は例の事件について、突然向うから口を切りました。 ...
  • 「はっきりとは申し上げられないんですけど」彼女はとうとう口を切った。 ...
  • 聞いてる人たちも、誰一人として、あえて口を切ろうとはしなかった。 ...
  • 「わたしは、この結婚についていろいろ考えてきましたが」と彼は口を切った。 ...
  • 次へ