口から嗚咽

6 の例文 (0.00 秒)
  • やがて彼の口から嗚咽おえつの声がれ、その肩は小刻みにふるえていた。 ...
  • ときおり自分の口から嗚咽おえつが漏れるのが聞こえた。 ...
  • ふいに良の口から嗚咽が洩れた。 ...
  • 口から嗚咽が漏れた。 ...
  • 「く、」 三階席の手すりをはがねてのひらつかみ、一息に身を乗り上げながら、浜面の口から嗚咽おえつれる。 ...