参詣鉄道

10 の例文 (0.00 秒)
  • 道了尊で有名な最乗寺への参詣鉄道として計画された。 ...
  • 水間寺への参詣鉄道として建設された。 ...
  • 本来、大岩不動への参詣鉄道というローカルな需要のみを目的とした計画が、高速電車による都市間連絡鉄道という、より将来性のある方向へ転換されたものである。 ...
  • 大正時代に水間観音への参詣鉄道として敷設されて以降、小規模ながらも堅実な経営を続けていた。 ...
  • この路線は、川崎大師への参詣鉄道を運行していた大師電気鉄道が、京浜間の連絡鉄道の開業を目的に、京浜電気鉄道と社名を変更した上で、東京都南部から神奈川県川崎市付近に軌道線を開業させたのが始まりである。 ...
  • 開業当初、当駅は出雲今市方面から一畑寺への参詣鉄道を目的とした一畑電気鉄道の中間駅であったが、1928年4月に北松江方面からの路線が当駅の出雲方面側に付け足されたため、両路線の接続駅となった。 ...
  • まず弥彦駅 - 西吉田駅間が、越後一の宮である彌彦神社への参詣鉄道として1916年に開業し、続いて西吉田駅 - 一ノ木戸駅間が、現在の越後線と信越本線を連絡する目的で1922年から1925年にかけて延伸され、さらに1927年夏には南東の南蒲原郡長沢村の越後長沢駅までの区間が開業した。 ...
  • 信貴山朝護孫子寺への参詣鉄道として、信貴生駒電気鉄道が王寺駅 - 山下駅間の鉄道と山下駅 - 信貴山駅間の鋼索線を開業させたのが始まり。 ...
  • 片町駅 - 四条畷駅間は、浪速鉄道が生駒山地北部の飯盛山西麓にある野崎観音・四條畷神社への参詣鉄道として1895年に開業させたもの。 ...