参詣道

全て 名詞
284 の例文 (0.00 秒)
  • 国の史跡「熊野参詣道」の一部として、以下の参詣道が指定されている。 ...
  • 参詣道と霊場は異質な空間であって、その描写の仕方は異なっている。 ...
  • 江戸時代には江戸からの参詣道として盛んに利用され賑わった。 ...
  • 東高野街道とは、かつて京都から高野山への参詣道として用いられた街道。 ...
  • またこの区間は高野街道と呼ばれ、平安時代から参詣道として利用されてきた。 ...
  • 画面中央部の参詣道上には木曳きの光景が描かれている。 ...
  • 国の史跡に「高野参詣道」を構成する「町石道」として指定されている。
  • 京大坂道は、かつて最も多くの参詣者で賑わった高野参詣道といわれる。 ...
  • 多くの旅人が利用した参詣道には灯篭や丁石などが設置され、街道として整備された。 ...
  • また高野七口の参詣道と女人道の交点付近に女人堂が置かれていた。 ...
  • 平安時代後期から鎌倉時代初期には高野参詣道として使用されていたと考えられている。 ...
  • 江戸時代に十和田湖に至る主要な参詣道は5つの道があった。 ...
  • 町石道の名前の由来は、参詣道に1町ごとに町石が建てられていることによる。 ...
  • もしくは丹生都比売神社を経由せずに直接、町石道に合流する参詣道である。 ...
  • 森に向って、まっすぐに、二町ばかり参詣道がつくられていた。 ...
  • 高野山参りが盛んになると京都から高野山への参詣道として賑わうようになった。 ...
  • 音羽の滝には水垢離をとる姿や水を汲む者が描かれ、参詣道としてのみならず生活道としても機能していたことが分かる。 ...
  • 次へ