参詣路

30 の例文 (0.00 秒)
  • 軍事面以外にも、秋葉山本宮秋葉神社への参詣路としての役割もあった。 ...
  • 京都に遷都されてから、伊勢への参詣路となり、近代には茶の流通路として使われた。 ...
  • また、現加美町内には馬頭観音があり、現最上町側の馬産関係者の信仰を集めていたため、その参詣路としても使われていた。 ...
  • 京から高野山への参詣路として使用されるとともに、河内国を南北に貫く数少ない街道でもあった。 ...
  • また、新道の開発が参詣路としても活用できるため、金櫻神社の神職らを世話人とした。 ...
  • また清水寺への参詣路に位置した五条大橋も撤去され、東方への街道があった六条坊門通の位置に新たに架橋された。 ...
  • また江戸時代中期以降に宿場北端に拡張した大黒町から東へ大町街道が分岐し、善光寺への参詣路としても利用された。 ...
  • 旧北国西街道における麻績宿と桑原宿の間にある最難関の峠道であるとされ、善光寺への重要な参詣路の1つだった。 ...
  • この結果、延喜式内社として信仰の中心だった里宮が衰え、山宮と参詣路の中心・中社の勢いが強くなっていく。 ...
  • 江戸時代には法美往来となり、特に鳥取藩主の池田家の墓地や一宮である宇倍神社への参詣路として鳥取藩による整備が行われた。 ...
  • 律令体制が崩壊して武家政権が成立すると、朝廷・国司の権力によって支援されていた里宮は衰退し、村落部の信仰の中心は、参詣路の集まる場所に設けられた中社へと移った。 ...
  • 江戸時代から明治時代にかけて現在の高砂橋付近には「曲金の渡し」と呼ばれる中川の渡船があり、江戸市中の人々が柴又の帝釈天への参詣路として利用していた。 ...
  • 特に安曇野の古社穂高神社や仁科神明宮、若一王子神社への参詣路として重視された。 ...
  • 駅名になっている大野地域は、江戸期には鳳来寺と秋葉山を通る参詣路の宿場町として栄えた場所である。 ...
  • 出羽三山への参詣路でもあった舟形街道が通っており、本陣が置かれ、当地において酒造業も営まれた。 ...
  • 峠の麓にある舟形宿からは出羽三山参詣路であった舟形街道が分岐しており、全国の修験者も多く行き交っていた。 ...
  • しかし、全国でも屈指の鉱山も17世紀の半ばを過ぎると衰退してしまうが、今度は出羽三山への参詣路として使われるようになり、奥羽地方だけでなく関東地方からも盛んに参詣者が通行した。 ...
  • 次へ