参詣記

77 の例文 (0.00 秒)
  • 最盛期の80余社にしても、いずれの神社を含めるかは参詣記ごとに様々である。 ...
  • 本宮への参拝の前後に湯の峰を訪れる風習は、中世の参詣記に既に見られる。 ...
  • 清良の参詣記は清良の一代記『清良記』巻十七に収められている。 ...
  • 中世参詣記にはその名は見えず、『縁起』や『王子記』にも名が見られない。 ...
  • 中世熊野詣では参詣の途上で歌会が催された例が参詣記に登場する。 ...
  • 古い参詣記には三狐神社などとも記される。
  • 定家の参詣記などいくつかの中世参詣記には、近露にあった宿所についての記述がある。 ...
  • 近世の参詣記にもこうした木地師がいた事が伝えられている。 ...
  • 天仁2年の藤原宗忠の参詣記には本宮までの町数を示した卒塔婆の存在について言及があるが、これは木製のものであったようだ。 ...
  • 天仁2年の藤原宗忠の参詣記には本宮までの町数を示した卒塔婆の存在に言及があるが、これは木製のものであったようだ。 ...
  • 院政期には熊野古道の難所の一つとして知られ、熊野参詣記にたびたび登場する。
  • 継桜は早い時期から注目を集めており、前述の通り12世紀の参詣記である『中右記』に登場し、のちに王子社が成立した際に継桜の奇瑞にちなんで王子が命名されたものと考えられている。 ...
  • 江戸時代まで存続したものと見え、『和歌山県聖蹟』には万呂王子に言及した参詣記が引用されている。 ...
  • それら参詣記の中で王子と認定された神社を、現存するもの、現存しないが所在地を比定できるものを併せて枚挙してゆくと、若干数の近世以降の比較的新しい王子を含めて、下記の様に101社を数える。 ...
  • 滝尻王子は五体王子の一つにかぞえられるだけでなく、複数の参詣記において熊野権現の神域への境界としばしば見なされるように、特別な意味付けが与えられている。 ...
  • 平安時代以降には、神倉山を拠点として修行する修験者が集うようになり、熊野参詣記にもいく度かその名が登場する。 ...
  • 中世には関所が設けられ、往来を統制し、関銭を徴収したほか、江戸時代の参詣記には茶店が設けられている様が描かれ、大正時代まで続いたと伝えられている。 ...
  • 次へ