参詣群集

5 の例文 (0.00 秒)
  • 十四日夜より 参詣群集す。 ...
  • 参詣群集さんけいぐんじゅ、隙間のない、宮、やしろの、フトした空地は、こうした水ある処に、思いかけぬ寂しさを、日中ひなかは分けて見る事がおりおりある。 ...
  • 小児こどもは争って買競かいきそって、手のなまぐさいのをいといなく、参詣さんけい群集のすきを見ては、シュッ。 ...
  • かつては、貴賤の参詣群集が、いうばかりもない賑いを呈した寺であったが、今は、いたずらに、巨石の垣が陽に映えているばかりで、あたりは、ひっそりと、人影もなかった。 ...
  • スウェン・ヘジン説にチベットの聖山カイラスへ午歳うまどしごとに参詣群集を極むとあるも、馬と観音の関係からだろう。 ...