参詣曼荼羅

全て 名詞
95 の例文 (0.00 秒)
  • この神社には室町時代の様子を描いた日光参詣曼荼羅が伝承している。 ...
  • 三十三所寺院の参詣曼荼羅には様式や人物図像において共通性が見られる。 ...
  • 参詣曼荼羅は西国三十三所以外の霊場や寺社でも多数作成されている。 ...
  • 参詣曼荼羅の画中には、しばしばそうした本願の拠点である堂舎が描かれる。 ...
  • この様に、参詣曼荼羅の人物描写には当時の「生きられる空間」が表現されているのである。 ...
  • 参詣曼荼羅の作成にあたった工房は複数あったと考えられ、特徴的な筆致や描写法によって分類が試みられている。 ...
  • このように霊場が過去も現在も変わらぬ姿を保っているという意味において、参詣曼荼羅はかなり正確に作られている。 ...
  • 霊場を描く限りにおいて、参詣曼荼羅の空間は個々の要素の単なる集積ではない。 ...
  • 参詣曼荼羅に対して歴史的に先行し、影響関係から起源として考えられているのは次の4つの宗教的絵画である。 ...
  • 参詣曼荼羅の作成において、図の作成を企図した個人、集団ないし組織を作成主体と称する。 ...
  • 伝来している全ての作例が、これら全ての特徴を備えているわけではないが、これらの点により参詣曼荼羅のイメージを把握することができる。 ...
  • 人物描写には、参詣曼荼羅として早期の作と推定される作品と、より後期に属する作品とでは描かれる人物像に差異が見られ、描き込まれる人物像の定着にある程度の時間を要したことを示唆している。 ...
  • すなわち、参詣曼荼羅の作成には本来寺社の外部の存在であった聖が関与しており、そうした聖は寺社内に拠点を構えて定着し、本願と呼ばれる勢力を構成した。 ...
  • 参詣曼荼羅を鑑賞する人々にとっても、図中に自己を投影できる人物像は実際に参詣しているかのような感覚を与えるものであっただろうし、絵説く側や作成する側もそうした効果を狙ったと推測できる。 ...
  • 参詣曼荼羅には、先行する絵画のいずれにも還元しえない、独自の空間構成が備わっている。 ...
  • 参詣曼荼羅の特徴として指摘されるのは、徳田和夫の整理によれば次の8点、特に2から5である。 ...
  • 観音堂は8本の桜に囲まれて描かれているが、桜は聖俗の空間を分節化する象徴的な記号として参詣曼荼羅にしばしば描かれている植物である。 ...
  • 次へ