参詣曼荼羅図

10 の例文 (0.00 秒)
  • 絹本著色富士曼荼羅図をはじめとして、現存する表口を描いた富士参詣曼荼羅図にそれぞれ確認されている。 ...
  • これら「富士参詣曼荼羅図」諸本の様相と他史料の記述は一致しており、当時の南口における一般的な登山風習であったことが指摘される。 ...
  • また奈良市矢田原町には大宮・村山口登山道を描く富士参詣曼荼羅図が伝わる。 ...
  • 富士参詣曼荼羅図では御室大日堂を過ぎた地点で道者が松明を手に登拝を行う様子が描かれており、夜行登山が行われていたことが示され、これは夜行登山後にご来光を拝むためである。
  • 富士参詣曼荼羅図は道者のルートを意識した絵図となっており、上記の道者が富士山本宮浅間大社に至り湧玉池で禊を行う様子が図示されている。 ...
  • 湧玉池は古来より富士登拝の道者による禊の場とされ、富士参詣曼荼羅図にも湧玉池にて道者が禊をする様子が図示されている。 ...
  • 富士参詣曼荼羅図の代表である「絹本著色富士曼荼羅図」には東海道を経て登拝する道者や海路を用いる道者が描かれている。 ...
  • thumb|240px|right|湧玉池 登拝ルートの推定として、学術的には富士参詣曼荼羅図から読み取る試みが広くなされている。 ...
  • 室町時代にさかのぼる「絹本著色白山参詣曼荼羅図」をはじめ、丸岡城主本多重昭が奉納したと伝えられる天国宝剣、閻浮壇金千手観音など、多くの文化財が残っている。 ...