参詣客

155 の例文 (0.00 秒)
  • 毎年7月に8日間にわたって行われる夏祭りには多数の参詣客が訪れる。 ...
  • 池上本門寺参詣客の輸送を目的に、池上電気鉄道の手によって開業した。 ...
  • 目白不動は、事件が瓦版に出てから、参詣客が増えたということである。 ...
  • 参詣客も二三人はいたが、茶店はのきを閉ざし、びっくりする程静かだった。 ...
  • 前がいきなり立ち止まったことで、後ろの参詣客が浩太郎の背中を押した。 ...
  • 大和街道の宿として、また高野山参詣客を対象として建てられた旅館である。 ...
  • すでに夜だし、この雨では参詣客もなさそうである。 ...
  • 旧正月で大麻比古神社への参詣客を満載しており被害を大きくした。 ...
  • 参詣客がぞろぞろと続いているが、その中の誰が、羽織姿の男の相手かわからない。 ...
  • 鋼索線は主に、市内随一の名所である石清水八幡宮への参詣客が利用する。 ...
  • だが、境内けいだい参詣客さんけいきゃくたちは、見て見ぬふりをしていた。 ...
  • 日光が参詣客で賑わうようになったのはこの頃からである。 ...
  • この小さな宿屋にも二三十人の参詣客が泊まっていたが、みな燕青にむかっていった。
  • 二人はのどかな気分に浸りながら、参詣客の流れに、身をまかせた。 ...
  • 工業化によって覚王山線では日泰寺参詣客以外に通勤利用も増加するようになる。 ...
  • 会員の和菓子職人たちがその場で練り切りを作り、参詣客に配布する。 ...
  • 明治から昭和にかけて参宮鉄道線・参宮急行電鉄本線・伊勢電気鉄道本線など鉄道が次々と開通したことにより参詣客が増加した。 ...
  • 次へ