参詣ルート

6 の例文 (0.00 秒)
  • 同時期はまた、中辺路・小辺路の称が確立し、それまで紀伊路と一括されていた畿内からの参詣ルートが区分されてゆく時期でもある。 ...
  • 行徳は東金に向かう街道のルートとして定められ、後には江戸から成田山新勝寺への参詣ルートとなり、沿道はその宿場町として栄えた。 ...
  • 中世熊野詣の先達をつとめ、参詣ルートの整備や参詣儀礼の指導にあたったのは修験者であったため、困難な修行の道を踏み越えて行くことそれ自体に信仰上の意義が見出されていたのである。 ...
  • 四国八十八か所霊場第六十六番札所雲辺寺への参詣ルートのひとつである。 ...
  • これは、中世熊野詣を主導した熊野修験の勢力の衰退と、それに伴う独占的な熊野参詣経営の後退が、参詣ルート管理の弛緩を生じさせた現れと考えられる。 ...