参詣する者

18 の例文 (0.00 秒)
  • 鷲峰山金胎寺に参詣する者はこの滝に浴して身を清め山に入っていたと伝えられる。 ...
  • そこそこに由緒がある寺で、参詣する者も多いが、それは表向きの姿。 ...
  • それから余部あまるべのお稲荷いなりサンとつて、四方八方しはうはつぱうから参詣さんけいするもの出来できた。
  • 昨日まで何もなかった野原や畑の間に、急に小さな祠が出来て、それに参詣する者が赤や白の小さな幟をあげた。 ...
  • 室町時代には、湯治とともに伊豆山権現を参詣する者が多くみられるようになった。 ...
  • 戦前は境内の笹葉を味噌に入れると酸味が抑えられるとして、笹葉を授かりに参詣する者が多かった。 ...
  • 廟内はまったく空虚で何物を祭ってあるらしい様子もなく、この土地でも近年は参詣する者もなく、ただ荒れるがままに打ち捨ててあるのだということであった。 ...
  • 瀬戸内海の守護神とされた厳島神社は古代より海の安全を祈願するために参詣する者が多かったが、平安時代後期に安芸守であった平清盛が厳島神社を保護し、太政大臣となって政権を確立させた後も深く信仰したことから広くその名が知られるようになった。 ...
  • 忽ち、この噂が世間に伝わると、もはや誰も、山の上のお宮に参詣する者がなくなりました。 ...
  • その為に堂塔の維持等を図る大金寺の側は積極的に庶民に接近する必要が生じ、具体的には弁財天の福徳を説きつつ村々を廻る勧進活動を行ったものと考えられるが、その成果として大金寺に対する信仰が盛んになり、江戸時代中期以降になると各地に講も結ばれて参詣する者も増えた。 ...
  • これは長尾ながお家だけではなく、上越後かみえちご地方の府内ふないを中心とする付近一帯の地域のもので高野山こうやさん参詣さんけいする者は、武士たると百姓ひやくしようたるとを問わず、この院に泊めてもろうことになっていた。 ...
  • 妊婦がこの観音に祈れば難産の患いなしとして参詣する者が多く、子安観音とも呼ばれ親しまれている。 ...
  • 雨ばかりつづく、そして農事にいそがしい時ではあったが、附近の村々から参詣さんけいする者が多く、ずいぶん盛んな祭礼となった。 ...
  • 江戸時代中期から明治維新までは立山権現の前立社とみなされ、立山に参詣する者は必ず当社に参拝した。 ...
  • このような高野信仰が皇族・貴族の参詣に始まり、武士や庶民にまで広まり高野山が発展したが、近世以降は、高野山を一つの名所として参詣する者も増え、より距離が短く早く参詣できる京大坂道が主要参詣道となった。 ...
  • しかし、立石峠の掘下げ工事が繰り返されるうちに地蔵峠を通行する者は急速に減少し、現在は林業従事者および先述した地蔵に参詣する者のみが利用する細道となり果てている。 ...
  • thumb|後醍醐天皇の行在所遺址 thumb|笠置曼荼羅図に描かれた笠置寺 平安時代後期には末法思想の広がりとともに、未来仏である弥勒への信仰も高まり、皇族、貴族をはじめ当寺の弥勒仏へ参詣する者が多かった。 ...