千載一遇

全て 名詞
267 の例文 (0.01 秒)
  • この千載一遇のチャンスに何としてでも武士として一花咲かせたかった。 ...
  • そうだとすれば、入社早々木原は千載一遇の機会にまみえたと言ってよい。 ...
  • しかし千載一遇せんざいいちぐうの良い訓練を受けることが出来たのであった。 ...
  • 一国民がこのような総統を戴くのは、まさに千載一遇ともいうべきである。
  • 源氏の君がここに住んでいられるなんて千載一遇せんざいいちぐうの好機なのだ。 ...
  • 千載一遇の好機を逸した事を残念に思い、夢魔にかれたようになった。 ...
  • その意味で、前田軍を討つことは千載一遇の好機であると捉えていた。 ...
  • これを観察できる千載一遇の機会を無駄にしてしまう。 ...
  • 犯人にとっては、千載一遇せんざいいちぐうのチャンスに見えただろう、と式部は思う。 ...
  • そのとき私は、これこそ天があたえた千載一遇の機会ではないかとおもいました。 ...
  • しかしそれは彼の千ざいぐうであり彼のたましいを燃やすに足るものではあった。 ...
  • しかし千載一遇せんざいいちぐうのこういうチャンスを見のがすという手はないのだ。 ...
  • そこに現れた自分という存在は、まさに千載一遇せんざいいちぐうのチャンスに思えるのかもしれない。 ...
  • 宇宙軍司令部の大半がこれを千載一遇せんざいいちぐうのチャンスと考えたからだ。 ...
  • 異例のことであるが、それだけに鳥羽家にとっては千載一遇の機会である。 ...
  • 千載一遇せんざいいちぐうの笑える一手に遭遇そうぐうしながら、ワシはそれを理解出来なかったのだ。 ...
  • 我らにとっては千載一遇の好機であり、これを逃してはなりません。 ...
  • 次へ