千社札

59 の例文 (0.01 秒)
  • 千社札せんじやふだが幾つも貼られている門口の向こうに油障子の長屋が並んでいた。 ...
  • 千社札は紙で作られることが多いが、木札や金属製の物も存在する。 ...
  • しかし、千社札においても神社の許可を得た上で貼り付けなければならない。 ...
  • よくある千社札を四つがけにした大きさの、幅七寸二分縦五寸一分。 ...
  • 神社や寺などで見かけるミニ千社札は右之吉が考案したものである。 ...
  • 千社札が貼られた大きな門の前は、洛中洛外から集まってきた狸たちで混雑していた。 ...
  • また、千社札の剥がされにくい高さや貼り方などを最初に考案したのも孔平だという。 ...
  • 古めかしい千社札せんじゃふだが何枚か剥げ残っているだけである。 ...
  • 木戸の横板には、長屋住人の商い屋号や名前入りの千社札せんじやふだが隙間なく貼り付けられている。 ...
  • それは天井の千社札ではない、本堂階段の降り口にあたる方角。
  • その代わりにとばかりに、柱の上部やはりには新旧の千社札せんじゃふだがところせましと貼られている。 ...
  • しかしそれよりも当時流行していた千社札を得意としており、その意匠考案が優れていたことは、今日遺されている千社札の作品によって知られる。 ...
  • 神社や仏閣に奉納した千社札は天井や壁に貼られてゆき、長い年月が経過して紙の空白部分が腐食すると墨の印刷された部分のみが残る。 ...
  • また、大正の頃には主に千社札の絵や役者絵を描いていた他、肉筆浮世絵や写真撮影所の背景画なども描いていた。 ...
  • この奇行が反響を呼び、千社札のブームが発生したという。 ...
  • 千社札のような木札が多く作られ、キーホルダーやストラップとして使う人も多い。 ...
  • 神楽堂かぐらどうは半分傾き、がれかかった千社札が風に動いている。 ...
  • ところで、千社札を貼る文盲はとにかく、庶民も希望すればこの学問所へ果して入れるのか。 ...
  • 境内には他に銭形平次の碑、水野年方顕彰碑、千社札の碑など多くの石碑や力石などが存在する。 ...
  • 大勢の人々にさすられた自然木のリアルな女陰は、てかてかと艶光りしていて、何十枚もの千社札がられていたように記憶している。 ...
  • 奉納された絵馬や、柱や格子窓にりつけられた千社札。 ...
  • 江戸ではもう二百年近くも前から天愚孔平てんぐこうへいという人がやり出して、千社札せんしゃふだということがはじまった。 ...
  • アミューズメントベンダー事業は残されたため、現在は占い機や千社札販売機などのアミューズメントベンダーが主力商品となっている。 ...
  • 千社札とは、神社や仏閣に参拝を行った記念として貼る物で、自分の名前や住所を書き込んだお札のことである。 ...
  • 神社佛閣に張る千社札を三卷の帖に集めた好事家の苦心に驚かされた事があつたが「日本廣告畫史」などを完成するやうなのん氣な時代はいつ來る事やら。 ...
  • 千社札の紙寸法は、幅一寸六分、高さ四寸八分。 ...
  • これに類して、純粋に参詣の記念としての千社札は、神社で公式には取り扱っていないことが多い私的な物であり、江戸時代以降、千社札を神社の神域内に貼り付けることが流行し、現在も水屋や鳥居などに貼り付けた名残が見られることがある。 ...
  • 最近では手軽に作れるシール形式の千社札が急増しており、宗教的な用途以外にも、名札の代わりにしたり、気合を込めるの意味で『太鼓の達人』のプレイに使用する自作の桴に貼り付けたりと様々な用途が生み出されている。 ...
  • 次のページ