千変万化の取り口

3 の例文 (0.00 秒)
  • 小兵ながら腕力・足腰が共に強く、機敏で激しい千変万化の取り口を見せた。 ...
  • 当初は掛け投げを得意としていたが、序二段時代に足を負傷したことで平蜘蛛仕切りで立ち、肘と手首を用いて外へ突き上げるように突っ張り、いなしなどを交えて相手を左右に揺さぶってから千変万化の取り口を見せた。 ...
  • 小兵で軽量ながら持ち前の柔軟さで、外へ突き上げるような突っ張りから千変万化の取り口を見せる技能派力士。 ...