化身土巻

5 の例文 (0.00 秒)
  • また本書には、「真仏土巻」「化身土巻」の内容が記されていない。 ...
  • そして、著述中であった『教行信証』全六巻の内、最後の二巻となる「真仏土巻」と「化身土巻」を作成し、教行信証を完成させ、その記念として真正面向きの肖像画である「満足の御影」を描いたとされる。 ...
  • 親鸞の主著である『顕浄土真実教行証文類』の「化身土巻」の終わりにある「後序」と呼ばれる結びに「同年初夏中旬第四日 選択本願念仏集内題字 并南無阿弥陀仏 往生之業 念仏為本 与釈綽空字 以空真筆 令書之」と記されている。 ...
  • なお土御門天皇と後鳥羽上皇については、親鸞自身が『顕浄土真実教行証文類』「化身土巻」において「斯以興福寺学徒 奏達 太上天皇 諱尊成 今上 諱為仁 聖暦承元丁卯歳仲春上旬之候」と承元の専修念仏の弾圧の責任を名指しで明記している。 ...
  • また「吉水入室」の年次について、親鸞の『教行信証』「化身土巻」に「然愚禿釈鸞建仁辛酉暦棄雑行兮帰本願」と記されている。 ...