化身ラマの名跡

15 の例文 (0.00 秒)
  • 化身ラマの名跡の継承は転生によるため、継承者の認定をめぐって教団内に対立が起こる場合がある。 ...
  • その後2009年に独自の属として再分類され、チベット仏教の化身ラマの名跡の初代ジェプツンタンパ1世にちんで命名された。 ...
  • その元摂政は1899年に自室で謎の死を遂げ、13世は摂政が持っていた化身ラマの名跡を廃止している。 ...
  • ここに化身ラマの名跡位ジェプツンタンパが成立した。 ...
  • 最悪の場合には、複数の勢力が各々候補者を擁立して、一つの化身ラマの名跡をめぐって争い、教団が分裂することもある。 ...
  • 以後、本寺の座主職は化身ラマの名跡「ダライラマ」の指定席となっている。 ...
  • ジェプツンタンパ3世は、モンゴルの北部ハルハを本拠として活動した化身ラマの名跡ジェプツンタンパの第3代。 ...
  • ジェプツンダンバ・ホトクトという化身ラマの名跡は、17世紀にモンゴルの王子ザナバザルが、チョナン派の学者ターラナータの転生者として認定され、その後ゲルク派に改宗したことにより始まる。 ...
  • ジェプツンダンパ9世は、チベット仏教の化身ラマの名跡の一つジェプツンダンバ・ホトクトの9番目の継承者。
  • イヘ・フレーは、モンゴル仏教に見られる移動寺院「フレー」のうち、ハルハでもっとも権威の高い化身ラマの名跡ジェプツンタンパに属するものをさす。 ...
  • thumb|ジェプツンタンパ1世 ジェプツンタンパ1世は、モンゴルの北部ハルハを本拠として活動した化身ラマの名跡の初代。 ...
  • ラダックのゲルク派寺院リゾン寺に所属する化身ラマの名跡「セ・リンポチェ」の3代目。 ...
  • 化身ラマの名跡「ダライラマ」は、五世の時、1642年を境に、「他の名跡と交代で本寺やセラ寺の座主に就くゲルク派の有力名跡のひとつ」から「宗派を超えたチベット仏教最高の宗教的権威」へと位置づけをかえたが、その後も歴代ダライラマはデプン寺で修行を積んだ。
  • thumb|カルマパ16世、ランジュン・リクペー・ドルジェ カルマパは、チベット仏教の四大教派のひとつカギュ派の最大支派であるカルマ・カギュ派の教主である化身ラマの名跡である。 ...