化身たる

17 の例文 (0.00 秒)
  • 知識とともに、家の化身たる曜司はまた万葉のからだに押し入ってきた。 ...
  • だが少年にとって良仁親王は、文化の化身たる後水尾法皇の血縁である。 ...
  • アシズは無言で、自らの化身けしんたる青い炎を、上に浮かぶ鳥籠とりかごに注いでいる。 ...
  • だが今、天意の化身たる竜がそれらを解いた。 ...
  • 講和条件は「クリシュナの化身たるヴィシュヌの方がシヴァよりも上だと自ら認める事」であり、シヴァはこの条件をやむなく飲んだのである。 ...
  • その化身たる力だ。 ...
  • この他、蛇そのものを先祖とする信仰もみられ、『平家物語』の記述として、「緒方維義の祖先は明神の化身たる大蛇という伝説があり、その話から武士達が集まった」と記される。 ...
  • この事柄ことがらは敢て議論ではない、吾等の大教師にして仏の化身たる親鸞僧正がまのあたり肉食を行い爾来じらいわが本願寺は代々これを行っている。 ...
  • そして一方を代表するワシントンと、他方の化身たるダントンとの間には、白鳥の翼を持った天使とわしの翼を持った天使とをへだてる差違がある。 ...
  • とはいえ、観音菩薩の化身たるダライ・ラマに具わるある種の理念的な権力はつねに機能しており、清朝などの介入者や実権を握った摂政らも、その権威を否定することはできず、少なくとも形式上はダライ・ラマの教導に従う態度を示していた。 ...
  • しかしすぐに姫君は、大きなうわばみとなって、鬼神イフリートの化身たる、この呪わしいさそりの上におどりかかり、ここに激しい戦いが始まった。 ...
  • それには先ず天王会の教義を申上げる必要があるのですが、この教会では安田クミを教祖にたて、これを広大天尊、赤裂地尊の化身たる別天王と崇めることは一般に知れ渡っておりますが、このほかに快天王と称する隠し神があるのです。 ...
  • その険しい表情を、彼女が自分を責めているものと恐れるモレクは、ようやくおのれの誇らしき主、その化身けしんたる鮮やかな青きほのおに向き直った。 ...
  • 外題名にも入っているように義経流浪伝説に題材をとっているのだが、むしろ壇の浦で没落した平家の後日物語といったほうがよく、五段全篇の主人公は、大和下市のごろつき「いがみの権太」であり、初音の鼓の皮となった親狐をしたう子狐の化身たる「忠信」、悲劇の平家方武将「平知盛」である。 ...
  • ファウストとメフィストフェレスは、政治界や古代の神の国に干渉しながら通り過ぎ、美の化身たるトロイのヘレンと出会う。 ...
  • 髪の化身たる、毛羽毛現。 ...