勝手に忖度

4 の例文 (0.00 秒)
  • その素振を見て取つて、信吾は亦自分の心を妹に勝手に忖度そんたくされてる様な気がして、これも黙つて了つた。 ...
  • 要するに私が勝手に忖度そんたくすれば、おれは中央画壇から離れ、田舎で何やらやっているが、当節の幕府の絵師なぞには何んにもわかってはいないのだぞ、という意味合いがある。 ...
  • その素振を見て取つて、信吾は亦自分の心を妹に勝手に忖度されてる樣な氣がして、これも默つて了つた。 ...
  • 今其てつを蹈んで、無邪気な山人の心を勝手に忖度そんたくし、而も夫をもって自己の不明を弁解するの具に供しようとすることは、真に恥ず可きの至りであるが、この際暫く読者の寛恕かんじょを得て筆を進めたい。 ...