加納屋

73 の例文 (0.00 秒)
  • 加納屋清右衛門は、酔って川へ落ち、溺死したということで葬式が出た。
  • 加納屋には日ごろ約十人の職人がいるが、これだけの仕事をするには十分とはいえぬ。 ...
  • わたしが死んでも、加納屋はそんな仏ごころを見せるようなやつじゃありません。
  • 加納屋さんも藤井さまのお力ぞえでずいぶん結構なご商売をなさったはずです。 ...
  • 加納屋には孫兵衛の命令しだいであのような乱暴なはたらきをする若者が何人もいるのである。 ...
  • 伊三次は加納屋と藤井彦十郎との間柄と経緯いきさつをもっともよく知っている男である。 ...
  • 藤井さまと加納屋さんの栄耀えいよう栄華はおたがいが相手をささえ合っていたからこそとも聞きました。 ...
  • 加納屋孫兵衛は駒込こまごめ、染井一帯にあまたいる植木屋のなかで三本指に入るといわれている。 ...
  • 「加納屋孫兵衛さんにお会いしたいのですが、お目にかかれるでしょうか」 おえんはその男にたずねた。 ...
  • 「家の近くまで戻って来て、気がゆるんだんでございましょうか」 加納屋はなかなか立派な店がまえであった。 ...
  • 出ようと思へば何時でも自由に出られるのが加納屋の習慣で、その點は家中の者は、誰でも一應は吉三郎殺しの犯人になり得るのです。 ...
  • 加納屋は藤井さまのお気に入りで、大層仕事をいただいていました。 ...
  • 土地の人に加納屋をたずねると、すぐにわかった。 ...
  • 上野二丁目は常楽院の門前町と道をへだてた反対側で、加納屋はそこから家並にして十数軒も行ったところであった。 ...
  • 「加納屋のお内儀さんというのは、そんなにおきれいな方なんですか」 るいがやんわりと体を寄せて来た。 ...
  • 染井稲いなりの境内に加納屋の敷地は隣接している。 ...
  • 孫兵衛一人は駕篭かごで加納屋を出た。 ...
  • 次へ