創意工夫を凝らし

18 の例文 (0.00 秒)
  • こういうコソコソした創意工夫を凝らすタイプとは考えていなかったんですけど。
  • と山内は研究の計画立案から主導的な役割を果たし、生出は基本設計などで創意工夫を凝らした案を提示した。 ...
  • その後戴から独立した李は、創意工夫を凝らして心意拳を改変し形意拳と改めた。 ...
  • これほど規定が決まっていると、創意工夫を凝らす余地はほとんどなく、江戸時代中期以後、武士階級から着物の流行が生まれることは二度と無かった。 ...
  • 会社がバブル景気の崩壊にも不況にも負けずに生き残っているのは、経営者である自分がいつも他人ひとより数歩先を見、他社が考えもつかないような創意工夫を凝らしてきたからだ、という。 ...
  • 中でも武将でもあり茶人でもあった古田織部が創意工夫を凝らした「織部好み」は有名である。 ...
  • だから、ソビエト国民の常として創意工夫を凝らした。 ...
  • 絵本の王子様の衣装を参考に創意工夫を凝らし、浩一君はじめ男の子たちにはタイツをはかせることに決めた。 ...
  • だが、第3楽章のコル・レーニョなど、ショパンがオーケストレーションにあたって彼なりに創意工夫を凝らしたことは明らかである。 ...
  • また、奔放な校風を是とする京都大学がそうであるように、卒業式で創意工夫を凝らした様々なコスチュームを着用する学生が目立つ大学も、なかにはある。 ...
  • 末川の創意工夫を凝らした六法全書は一世を風靡し、岩波茂雄がこのような六法が売れるかと不安であったにも関わらず取次店から当時としては異例の7000部の注文があり、末川と岩波は驚愕した、と言われている。 ...
  • 荒唐無稽こうとうむけいなホラ話に夢中になって、夢を語り、創意工夫を凝らす時の幸二は、正にエネルギーとアイディアにあふれ、その可能性は無限にさえ思え、誰の眼にもすばらしく魅力的に見える。 ...
  • このうち1機が上野公園に不時着するおまけまで付き、旗上げ興行は2月4日から晴天6日間のみ開催、5000名収容のテント張りの相撲場だったが、 などの創意工夫を凝らし、多くの観衆が集まるなどの大盛況となった。 ...
  • 天保年間から近年まで、村や各町が創意工夫を凝らし、金物、瀬戸物、塗物、青物などの同一の素材で歌舞伎形あるいはその時代を風刺した様々な「作り物」を制作し、公開し、珍技が競われた。 ...
  • 太平洋戦争前から続く由緒ある悪戯いたずら合戦を引き継いだ男たちが、知力と体力のかぎりを尽くしてたがいの誇りを粉砕しあうという内容で、能面のように終始表情を変えない小津の怪演と、私のデタラメでエネルギー過剰な演技、そして創意工夫を凝らした情け容赦ない悪戯の数々が盛りこまれている。 ...
  • 原土に含まれる鉄分のにじみ出た梨青磁の青龍窯、うすぐもりの味を出した辰砂釉、そして民芸陶器の七右エ門窯と、窯ごとにさまざまな創意工夫を凝らしている。 ...
  • 東京世田谷区にある名店・鳳寿司で働く少年・関口将太が、創意工夫を凝らした寿司によってトーナメント方式の『寿司職人コンクール』を勝ち進み、日本一の寿司職人となることを目標に奮闘する物語である。 ...