前に披瀝

7 の例文 (0.00 秒)
  • 「あんな嘘を吐いてらあ」 彼は一徹な小供の正直をそのまま甲の前に披瀝ひれきした。 ...
  • 我々批評家は好い加減な事を云つて作家に媚びるよりも、自分の思ひ通りを、作家の前に披瀝して、潔く罪を作家に得た方が自分に對しても作家に對しても義務ある所爲と考へる。 ...
  • これだけの学者が、これほどまでに熱心に、これほどまでの注意と、レーヴィンの知識にたいするこれほどまでの信頼とをもって、ときには、ただ暗示だけで事の大きな一面を示しながら、自己の思想を彼の前に披瀝ひれきしているという事実が、レーヴィンの自尊心を喜ばせたのである。 ...
  • 余はただ分別のつく齢になってから、つねに自己のうちに識別することのできた思想、あの恥知らずな暴君どもの専制政治とじつに永きにわたって対立してきた幾つかの思想を、諸君の前に披瀝ひれきせんとするのみである。 ...
  • そこでこれからは、着想においてまことに大胆不敵、そして、ともかくも人類の歴史において前例を見ないくわだての結果を閣下の前に披瀝させていただく所存にございます。 ...
  • そして名画傑作の真価を広く力強く今日の映画大衆の前に披瀝ひれきし、堂々たる興行成績も併せ克ち得て高らかに凱歌を奏した。 ...