利幅

63 の例文 (0.01 秒)
  • 売上高が減少していったが、当初は商品価格が上昇し、利幅が上昇した。 ...
  • だから、利幅を大きくするためには、買い値を低くおさえなければならぬ。 ...
  • その数よりも高付加価値にともなう利幅の大きな市場という点が重要だった。 ...
  • 彼は利幅の下限が定められていたニューメキシコ州の酒類法を改正しようとした。 ...
  • 不動産業者らは、その利幅の大きさからこぞって石庫門市場に参入した。 ...
  • 利幅のすさまじい原因は財政の苦しさの他、請負会社の暴力性にもあった。 ...
  • ただし、ポイントベースのためゴールドとブロンズをとった時の上がり幅が違うようになっている。 ...
  • 予想していたより幅は広いが薄い。 ...
  • 騎馬きばがならんでとおれるように、館と館の間の道はかなりはばが広かった。 ...
  • 父親は職人気質で腕もよかったが良いものを安く販売していたため仕事はあっても利幅は薄く、暮らしは楽ではなかった。 ...
  • これにより代替可能ないくつかの製造業は利幅圧縮に見舞われている。 ...
  • それまで絵や写真でしか見たことのなかったバンカを初めて間近で見て、私は思ったより幅が狭く小さいのに驚いた。 ...
  • それも悪くはないが、手塚さんのみごとな構成の作品は、よりはばの広い読者層を持つのである。 ...
  • この ERP 成分の呼び方に付いている潜時にはしばしばかなり幅がある。 ...
  • それゆえ商売の利幅を二割と見てもすでにその半ばを失っており、残余の一割で店員のすべてを賄うこととなるのであるから、商売も全く容易でない。 ...
  • 博愛を衆に及ぼす気はないが、あくまで正当な利幅でおさえたい。 ...
  • ティツィアーノの下絵はベッリーニの絵画に通常見られる注意深いものとは異なり、薄く影をつけたかなり幅の広いブラシで要約された線のみを用いて描いている。 ...
  • そして買い値が高ければ、売り値がさして動かない以上、利幅がずっと小さくなる。 ...
  • そうなればもはや人間というものは宇宙の片隅に忘れられてしまって、少数の観念と方則が独り幅を利かすようになって来るのである。 ...
  • そうすると、中古車屋の方では、それにまたある程度の利幅を乗せて再販売するわけだから、なるほど中古車の価格はいつまでたっても安くならない筈である。 ...
  • 出荷数で見れば少ないが、より利幅の大きい市場としてワークステーション向けプロセッサの市場は存在していた。 ...
  • それは、まぐさの一番上等な部分は茎の根本ねもとだからで、なお、同じ広さの刈り幅にすること、次の手を始めないうちに前の手が終らないことに気をつけている。 ...
  • それまで伝統的な靴職人なら1足ずつ違いを出して作ることができたが、利幅の大きな大量生産を除くと、工場生産システムにより品質の画一化が進んでいく。 ...
  • といって、それなら正当な利幅とは一体何だろう? ...
  • ここで個々の商品当たりの利幅が大きい小売業から大量取引が可能な卸売業への転換を決断し、当時アメリカでの生産がほとんどなかった陶磁器、特に日用の食器を扱うようになる。
  • これは刈り取り部の刈り幅が、クローラの外幅と同等か、より幅広いことを意味する。 ...
  • 店で番頭に相談するのも一法であるが、蓄音機屋というものは正直のところもうけの少いのよりは利幅の大きいのを勧めたがるのが人情だから、それも丸々信用出来ない。 ...
  • プラタート・チョーヘーは、高さは33メートルあり幅が10メートルある。 ...
  • 次のページ