刑務所服役

7 の例文 (0.00 秒)
  • 刑務所服役中に左手の指を欠損していて、本来なら左手の力が弱い筈なのに、そこのところは器用にカバーして、最近ではスコアも百から百十でまわるほど腕を上げてきている。 ...
  • これらの事件に関連した、三浦の拘置所勾留および刑務所服役期間は計13年間にもわたる。 ...
  • 「今の男は左手の指が二本、欠損していなかったかね」 水田は刑務所服役中、工作機械で左手の指二本を欠損しており、それが本人特定のきめ手になる筈であった。 ...
  • 刑務所服役中からデーニッツの支持者は「デーニッツは不当に有罪判決を受けた」と訴える運動を行っていたが、釈放後のデーニッツもそうした運動に参加した。 ...
  • 「塀の中」とは刑務所を指し、「懲りない面々」とは自由が制限される刑務所服役経験があるにもかかわらず入出所を繰り返す累犯罪者達のことを指している。 ...
  • 加藤三郎は、刑務所服役後の2005年4月18日に東本願寺を訪れ、爆破を謝罪した。 ...