刃傷沙汰

233 の例文 (0.01 秒)
  • もし彼女を無理に切り捨てようとすれば、過日の刃傷沙汰にんじようざたおおやけにされる。 ...
  • オレが仲に入ったわけだけどよ、その場で刃傷沙汰に及びそうだった。
  • あの時、些細なことから刃傷沙汰にまでなったのが嘘のように思えた。 ...
  • 本当なら刃傷沙汰にんじようざたに及んでも不思議はないほどの仇敵きゆうてき同士なのである。 ...
  • いろいろな女をものにしていれば、ついには刃傷沙汰にんじようざたを起すのが常である。 ...
  • 杉田は、初年兵が駈け込んで来なければ、刃傷沙汰に及ぶところであった。 ...
  • 生徒と刃傷沙汰にんじょうざたなんかになってたら、今頃いまごろ教師はしてないもんな。 ...
  • 父親との刃傷沙汰の大ゲンカをきっかけに、人生を真剣に考え始める。 ...
  • 一方、若い頃には、刃傷沙汰の喧嘩も辞さぬ血気盛んな面もあった。 ...
  • 有力な諸大名の協力を得ていればこそ、決して自分たちの中から刃傷沙汰に及ぶ者を出してはならないのであった。 ...
  • しかし、この場合は私闘ではなく、明らかに遺恨いこんがあっての刃傷にんじよう沙汰であった。 ...
  • 文久2年、江戸で刃傷沙汰を起こして京都に逃亡した際、斎藤一と名を変えた。 ...
  • 京では刃傷沙汰が横行し、幕府は過激志士達の跳梁に頭を痛めていた。 ...
  • あれほどの刃傷沙汰にんじょうざたがあったのですから、そこの床にはおびただしい血潮が流れていなければなりません。 ...
  • 二人の刃傷沙汰を恐れて「死ぬしかない」と思い詰めた浮舟の哀れさ。 ...
  • 水や食糧を争奪して刃傷沙汰がはじまったというから、深刻である。 ...
  • あれほどの刃傷沙汰があったのですから、そこの床にはおびただしい血潮が流れていなければなりません。 ...
  • 加えて女に捨てられての刃傷沙汰となれば、世間からは気楽に抹殺される。 ...
  • 自分の武勇を公言することも多く、それが元でケンカや刃傷沙汰になることもあった。 ...
  • 遊びの世界には、不法な刃傷沙汰ざたとみて、若い男が大勢集まって小次郎に打ってかかった。 ...
  • 殿中で刃傷沙汰ざたにおよんだとはいえ、長矩は赤穂あこう五万石のあるじである。 ...
  • おそらくは刃傷沙汰を避けようとした男に向かって相手はかまわず斬りつけたのだ。 ...
  • 俺の知らないどこかの殿中でんちゅう刃傷沙汰にんじょうざたにでもおよんだのか。 ...
  • 無礼討ちではなく、実は乱心により刃傷沙汰を起こしたものだ、とね。 ...
  • 猫はこの刃傷沙汰にんじようざたの間に乗り換えたのでしょう。 ...
  • 派手な女性関係の報いで刃傷沙汰にんじようざたでもあったのかと、とっさに思わせたほどであった。 ...
  • これを聞くや元帥は、奉行の及ぶであろう刃傷沙汰を思って、満足そうに手をこすられた。 ...
  • ある日、刃傷沙汰を起こして姿を消していた矢島は、多額の借金で組織から追われる身となっていた。 ...
  • 次のページ