出汁を取る

30 の例文 (0.02 秒)
  • その一方で精進料理において出汁を取るためには無くてはならないものであった。 ...
  • 仁の自宅で何度か出された大きな白身魚の骨から出汁だしを取ったものと同じような味がした。 ...
  • 台所の隅にある猫用のボウルには、出汁を取った後の魚の煮干しが盛られたままだ。 ...
  • 彼女が、出汁だしを取っている姿なんて想像もつかない。 ...
  • 出汁を取った肉や野菜を数かけらほど入れて供することもある。 ...
  • また、ココナッツミルクの中で出汁を取り、ミッチェロールを作るのにも使われる。 ...
  • コンブは古くから日本各地で食べられており、主に乾燥させて出汁を取るために日本料理では幅広く使われる。 ...
  • 煮込み料理や出汁を取るのにも用いられる。 ...
  • ご存知のように、京都は千年もつづいた首都でありましたから、北海道で産出されたこぶが、はるかな京都という山の中で、実際上の需要から必要に迫られて、こぶ出汁を取るまでに発達したのでありました。 ...
  • 出汁を取る、下味をつけるなどの調理技術が未発達で、各自が塩や酢などで自ら味付けをしていた。 ...
  • またこの他、出来合いのものだけではなく、消費者が任意の内容物を入れて使うための不織布の袋も見られ、この使い捨ての製品は、大判のものでは出汁を取るためにも利用される。 ...
  • 人類最古の科学的操作法であり、日常的にも、コーヒーや茶を淹れる、鰹節や昆布から出汁を取るなど広く行われている。 ...
  • 鶏がらやモミジは中華料理や西洋料理、ラーメン等の出汁を取るのに使われる。 ...
  • 各地でその地方で獲れる「ゴリ」が、唐揚げ、佃煮などの料理や出汁を取るのに用いられる。 ...
  • 屋久島特産のサバ節・あご節・宗田節で出汁を取り、屋久島産の素材から製造された醤油を使用する。 ...
  • フライドチキンには骨付きの手羽や脚まで使用されているが、これらはナイフとフォークで食べることができないため、西欧の白人社会においては出汁を取る以外では捨てる部位であった。 ...
  • 出汁を取ったあとも貝柱は取り出さず、そのまま調理する。 ...
  • 猫ラーメンは猫から出汁だしを取っているという噂がある屋台ラーメンであるが、その噂の真偽はともかく、味は無類である。 ...
  • 特技は出汁を取って、ラーメンなど麺類のスープを手作りする事。
  • 足利義政は、昆布や椎茸で出汁を取った湯を、水で洗った飯にかける湯漬けを特に好んだとされる。 ...
  • 椎茸のうまみ成分・風味は熱に弱いため、出汁を取る際には冷水に5時間以上漬けておくことが望ましいとされる。 ...
  • ブタの頭部、心臓、肝臓、その他の切り取られた臓物を、骨の付いた状態で茹でて出汁を取る。 ...
  • 湯漬けと水飯は身分の低い者だけが食べたわけではなく、室町幕府の将軍足利義政も昆布や椎茸で出汁を取った湯を水で洗った飯にかける湯漬けを特に好んだとされる。 ...
  • 岡山県の名物であるママカリの煮干しで出汁を取ったラーメン。 ...
  • 「あれ、どうしたんだい」 ヨシエは夕食の支度の最中らしく、家の中からは出汁だしを取る湿気と熱気とが漂い流れた。 ...
  • 中国ハムは塩味が強いので生食に用いる事はほとんどなく、主に鶏肉などと合わせて出汁を取るのに用いるか、魚や白菜などの野菜と共に蒸して、味付けに使われることがもっぱらである。 ...
  • 乾物のホタテの貝柱を水で戻し出汁を取る。 ...
  • 甘エビの頭から出汁を取ったラーメン「えびそば」の元祖創作者。 ...