出汁をとる

18 の例文 (0.00 秒)
  • また、コンブや動物の骨、魚の焼き干しを使って出汁をとる文化をもっていた。 ...
  • 主に出汁をとる材料として使われるほか、そのまま、あるいは乾煎りにするなどで食べられている。 ...
  • なお、北海道の食文化においては出汁をとった後の昆布はそのまま捨ててしまうことも多い。
  • まだ脂分が少ない年齢のサゴシは、出汁をとるための煮干しとして近年商品化されている。 ...
  • 長時間火にかけることによって香りは多少弱まるが、深みのある出汁をとることができる。 ...
  • バロック時代には、貴族たちが飲んだクラーレ・リントズッペの出汁をとった後の肉塊は召使に与えられていたという。 ...
  • 出汁をとるのに使われることが多いが、副菜などにも利用され、特に鮮魚の手に入りにくかった山間部ではよく用いられてきた。 ...
  • 出汁をとるのには鶏の他に、宣威火腿もよく利用される。 ...
  • 鴨からは出汁が出て、昆布などで軽く出汁をとる事もある。 ...
  • 出汁をとった後の煮干は出し殻として取り出すが、家庭料理ではそのまま汁の実として食べる場合もある。 ...
  • 出汁をとった肉を取り出す前に小麦粉と玉ねぎを加え、その後スープに沈める。 ...
  • 鰹節・昆布・鶏肉で出汁をとる場合もあり、また沖縄そばに具として入れた中身そばや炒め物など、他の料理にも応用されている。 ...
  • なお、「出汁をとる」ではなく、「出汁を引く」という言い方をすることもある。 ...
  • 一方、下北地方ではホタテガイの貝殻に水を入れて火にかけ、焼き干しなどで出汁をとる。 ...
  • 逆に腹側が盛り上がるようなくの字になって腹が割れているものは、加工時の鮮度が悪かったもので、出汁をとる際に生臭味が強くでる。 ...
  • 鱧の頭と骨で出汁をとった特製のタレでふっくら焼き上げる。 ...
  • 鳥取県の「牛骨ラーメン」は戦後の発祥から50年以上提供され続けてきたが、地元では「ラーメン」と言えば牛骨で出汁をとったラーメンであり、地域固有であるという事実は認識されていなかった。 ...