凄絶

全て 名詞
670 の例文 (0.02 秒)
  • この戦いが行われたのはおそらく269年であり、凄絶な戦いとなった。 ...
  • 己が意志力と能力のあらん限りを燃焼し尽さんとする凄絶な一匹の鬼に。 ...
  • そして、小さな靴が既に語り始めていた凄絶な山行のエピソードさえも。 ...
  • その凄絶な笑みに寒気を感じた俺は、何も言い出せなくなってしまった。 ...
  • その声を合図に、おれは窓の外の老婆がにやりと笑う凄絶な笑顔を見た。
  • それは人間の意識下に潜むものの帰趨きすうをめぐっての凄絶せいぜつな格闘であった。 ...
  • それは四十をすぎた女とはみえないほどみずみずしく、凄絶であった。 ...
  • グレナヴァンとその仲間たちは黙々としてこの凄絶な光景を眺めていた。 ...
  • 十三騎の若者たちがそろって魂を凍らせ、馬をとめたほど凄絶せいぜつな声だった。 ...
  • 間違いで叩いても入らざるを得ない凄絶な響きを帯びている。 ...
  • ただ、大名らしくないのはその全身を霧のごとくつつむ凄絶せいぜつの剣気であった。 ...
  • 崩壊する銅バーの想像も思考も及ばない凄絶せいぜつな力で切り離されたのである。 ...
  • それがいまは緊張しきって、別人のように凄絶な表情になっている。 ...
  • それは世にも凄絶な光景だったが、それでも彼は死ぬどころではなかった。 ...
  • それは、その声を聞く者の魂の底にまで届かないではかない凄絶な声だった。 ...
  • 二人とも動かず、しかもその間で、目には見えぬ凄絶な戦いが展開されていたのである。 ...
  • そういう凄絶な日本シリーズを見てから死にたいというファンもいる。 ...
  • 次へ