典雅荘重

4 の例文 (0.00 秒)
  • 云わんとしている事がきわめて微細な科学的なものであるにもかかわらず、その云いまわしは典雅荘重をきわめていた。 ...
  • すると次第に「人生斯かくの如し」と何かしら光のような充溢じゆういつした喜悦が身裡みうちからふきこぼれていって、我身と太郎の姿まで、典雅荘重の風物と顧みられた。 ...
  • 斉名の文は典雅荘重であり、以言の文は奇を出し才をせ、其風体各々異なれど、いずれも文章の海山の竜であり象である。 ...
  • 筆力雄勁ゆうけいにして、しかも典雅荘重。 ...