公明正大

全て 名詞
305 の例文 (0.00 秒)
  • それだけは公明正大な事実として、僕は世間に向つて約束をしたいのだ。
  • あの人は、気前のよさより、公明正大の方が大事だって言っているのよ。 ...
  • これまでのところじゃ、全てが公明正大に行なわれているとしか見えない。 ...
  • 従業員じゅうぎょういんに対して公明正大こうめいせいだいで、かれらにあたえるべきだとしんじるものを与える。 ...
  • 彼の事務所は申し分なく公明正大な仕事でなければ、決して手を出さない。 ...
  • これまでだって、公明正大といえない審判には何人も出会ってきた。 ...
  • 父が言うには麻親方ほど公明正大で民から慕われた三司官はいないという。 ...
  • 自分自身の態度は公明正大だと思っているのだろうか。 ...
  • しかも一方では、彼ほど公明正大に暮らしている人はなかった。 ...
  • 男が一刻も早く釈放されるのは、公明正大以外のなにものでもない。 ...
  • 公明正大を貫いたのは後ろ暗さが転落の前触れだと知っていたからだ。 ...
  • 彼は豪放で公明正大な人物であり、統率力も勇気も非凡であるとされていた。 ...
  • おれはなにごとにも公明正大にやるってのが信条なんだ。 ...
  • その際の不偏不党の精神と公明正大の態度は、常に双方に満足を与えるものであった。 ...
  • だから僕は間に入って公明正大に事を運ぼうと言うのだ。 ...
  • これまでにぼくのしたことが、公明正大なぼくの気持のほどのあかしとなると存じます。 ...
  • もとの公明正大さのうちに止まるだけでは、もう足りなくなった。 ...
  • 次へ