公家衆法度

5 の例文 (0.00 秒)
  • 猪熊事件を機に慶長18年に公家を取締るための公家衆法度が制定され、また、幕府の宮中に対する干渉を更に強めることとなり、官位の叙任権や元号の改元も幕府が握る事となっていく。 ...
  • 一方、公家の乱脈ぶりを憂慮した幕府は、公家統制の重要性を悟り、慶長18年の「公家衆法度」の制定を招き、さらに慶長20年の「禁中並公家諸法度」制定につながっていくこととなる。 ...
  • 慶長18年、幕府は公家衆法度と共に「勅許紫衣竝に山城大徳寺妙心寺等諸寺入院の法度」を定め、さらに慶長20年には禁中並公家諸法度を定めて、朝廷がみだりに紫衣や上人号を授けることを禁じた。 ...
  • 江戸幕府は朝廷の行動の統制を目的として慶長18年6月16日には、「公家衆法度」「勅許紫衣法度」を制定し、次いで、豊臣宗家滅亡後の慶長20年7月17日には「禁中並公家諸法度」を公布した。 ...
  • 慶長18年6月16日には、「公家衆法度」「勅許紫衣之法度」「大徳寺妙心寺等諸寺入院法度」が定められた。 ...