八王子神社

46 の例文 (0.00 秒)
  • 八王子神社は、千葉県船橋市古和釜町にある神社である。
  • もとは百済神社だった八王子神社など、そういうところまでいちいちみていてはきりがなかったからだが、桑津天神社にはほかにまたあわせて、その隣に、さいぜんからだいぶ問題にしてきた大別王寺・百済寺の後身といわれる見性寺があったからだった。 ...
  • また宗像三女神の一柱として各地の宗像神社・厳島神社などで、また、アマテラスとスサノオの誓約で生まれた五男三女神とともに各地の八王子神社などで祀られている。 ...
  • 八王子社の多くは、日吉八王子神社・八王子神社・牛尾神社、などと名乗っている。 ...
  • 境内社として八王子神社がある。 ...
  • thumb|250px|町名の由来となった八王子神社八王子神社の名前に由来するという。
  • 摂社である八王子神社と東西に並立する。 ...
  • 恩智神社は中世末に牛頭天王を勧請しており、それに関連して当社が「八王子社」といわれており、八王子神社と呼ばれる所以である。 ...
  • 王子は京浜東北線王子駅の西にある王子神社、八王子は中央線高尾駅の北西、八王子城跡にある八王子神社が地名のもとで、この点は似ている。 ...
  • 江戸幕府3代将軍徳川家光が鷹狩で訪れた際、当寺が管理している八王子神社の創建の由来を知り、色々と贔屓にしたという。 ...
  • 元々は正王寺の境内社で、1178年に源頼朝が関西方面の八王子神社より分霊を勧請したものである。 ...
  • 山頂付近には、八王子神社などの建物、トイレ、ベンチ等があるが、売店などの有人管理の施設や自動販売機や照明はない。 ...
  • また、武蔵国日吉八王子神社 () と同体とする説もある。 ...
  • 常世岐姫神社はいまは八王子神社と名を変えているが、それのあるところは神宮寺というところで、「この付近一帯は六〜七世紀ころ、朝鮮半島より渡来・帰化した染色技術集団の人々が、河内の赤染部として居住していたところである」と「古田文書」にある。 ...
  • なお、八王子神社は五男三女神を祀る神社である。 ...
  • そしてこの川畔の東成区北中本町にある八王子神社ももとは百済神社となっていたものであるが、それよりも注目したいのは、藤沢一夫氏の「摂津国百済寺考」や今井啓一氏の「摂津国百済郡考」にもあるように、この百済には大別王寺・百済寺といった大寺院があったということである。 ...
  • また、日本全国にある天真名井神社、八王子神社などでは、宗像三女神と、王子五柱の男神を五男三女神として祀る。 ...
  • 次へ