先達て

全て 名詞
109 の例文 (0.00 秒)
  • しかし彼はもう先達せんだっての掛物についてはまるで忘れているかの如くに見えた。 ...
  • ハルマゲドンの戦争せんそうとは、先達せんだつての戦争せんそうつてるのぢやありますまいか。 ...
  • が、先達て晋平ちゃんがおいて行った何かの包み紙は、まだそのままだった。 ...
  • 先達せんだって『日本』新聞に掲げた古瓦の画などは最も得意でまた実際真似まねは出来ぬ。 ...
  • 先達て來て玄關に赤い紙で面會日抔を張り出すのは甚だ不快な感がある。 ...
  • それは、先達ての二度にわたる長州征伐の実質的失敗によってはっきりしている。 ...
  • 先達せんだつても、片付けものをしていたら、昔、友達と一緒に写した写真が出て来た。 ...
  • つい先達てまで日本の農民は平均一戸当り一万円近い現金を保有しているということが報ぜられている。 ...
  • 私の顔のガーゼが先達てのと違うのを見て取ったのだ。 ...
  • 先達せんだって友人が来てこんな話をした。 ...
  • 先達てもある学校で、式の最中、多数の生徒が講堂で脳貧血を起して倒れました。 ...
  • 先達て途中で私を呼びとめた者がいるから、誰れだろうと思ってふり向いて見ると例の竹馬の友であった。 ...
  • 先達ての手紙は、果して平岡の手に渡ったかどうか、それさえ疑わしくなった。 ...
  • もっとも主婦がこの娘に対すると先達せんだって生れた妹の利ちゃんに対するとその間に何のちがいも自分には認められなかったとは云え。 ...
  • 先達て小紋の着物がほしいと言つて來たので、安物の絹に形を置かせたのが今日出來上つて來たのである。 ...
  • 此の六畳が大変に汚なくなつて居ましたので、信者の内の一人がつい先達て畳替へをしたばかりのとこなのださうでした。 ...
  • 先達ての手紙は、果して平岡の手に渡つたかどうか、それさへうたがはしくなつた。 ...
  • 次へ