先達て見

3 の例文 (0.00 秒)
  • 先達て見た夏服を着て、相変らず奇麗なカラとカフスを掛けていた。 ...
  • 先達せんだって見た時とほぼ同じように粗末な服装なりをしている彼女の恰好かっこうは、寒さと共に襦袢胴着じゅばんどうぎの類でも重ねたのだろう、前よりはますます丸まっちくなっていた。 ...
  • 先達て夏服なつふくて、相変らず奇麗なカラとカフスをけてゐた。 ...