先達ってうち

3 の例文 (0.00 秒)
  • 大分先達ってうちは、このまま東京にいてしまおうという気もおこしたらしいが。 ...
  • 先達ってうちは、何か詩集を閉じて、枕のわきにおいて、大きい目をあいて天井を見ているような心持でしたが、この節は折々パラパラと風で頁がめくれます。 ...
  • そうすると、先達ってうちから身重になったところが、それを種にして嫁を出してやろうと謀んで、自分の娘とぐるになって、息子あてに、中傷の手紙を無名で出した。 ...