傾城町

全て 名詞
65 の例文 (0.00 秒)
  • 室町時代に足利義満が現在の東洞院通七条下ルに許可した傾城町が日本の公娼地の始まりといわれる。 ...
  • その大傾城町をむろん全部占領して不夜城の歓をつくし、さてその翌日、三国から約一里のこの東尋坊へやって来たものであった。 ...
  • 傾城けいせい町もあり、町女まちめ市女いちめもいる。 ...
  • 独身の男性は、湯屋で垢を落とし、傾城町で遊女を買うのが最高の快楽だと考えていた。 ...
  • しかし、ともかくも以前よりは、傾城町に於ける牢人の旗色は目立ってよくなった。 ...
  • その傾城町けいせいまちのたたずまいも、江戸や駿府のそれとはまたいちだんと優雅に見える。 ...
  • 彼女はまたもと通り傾城町に戻り、まわりには堺滅亡の恐怖もあらばこそただ魂を抜かれたような色餓鬼どもが雲集していた。 ...
  • この男は傾城けいせい町に住む〝魚や〟なのだ。 ...
  • 前髪立ちの若衆で、真紅の野羽織が鮮やかで、その存在に今まで気づかなかったのは、ここが傾城町であるということ以外にはない。 ...
  • 傾城けいせい町は、後世の概念とはちがったものであった。 ...
  • 何処どこだ」 「傾城町の中ほどです」 男は後を指し示した。 ...
  • はじめこれらの遊女町は江戸の諸所に散在していたが、これを一か所にあつめて大傾城町をつくることを幕府にねがい出たのが庄司甚右衛門である。 ...
  • 「あれはなんだ」 「あれは木辻きつじの女郎衆でございましょうが」 木辻とは奈良の町の南にある傾城町だ。 ...
  • はじめは呆れ、牢人たちといっしょに傾城町を出る途中は、まだ格子のあとが顔にくっついている牢人たちを横目で見て、思い出し笑いをしていたのだが、だんだん、じわんと感動の心がいて来たのだ。 ...
  • たった供が四人しかいないところを見ると、忍びにはちがいないが、やはり蜂須賀阿波守も駿府参賀に来たついでに、江戸にも珍しいこの傾城町の見物に来たと見える。 ...
  • ちゃんと方角まで知っているらしく、まちがいなくその傾城町の方へ歩いてゆきながら、昼顔のひくくつぶやく声が聞えた。
  • ところが、笠をかたむけ、まったく顔を見せぬようにし、男が傾城町とは反対の方向へ、堀川の橋をわたり去るのを見て、門兵衛は直感し、ためらうことなく表戸を引き開け、道へ出た。 ...
  • 次へ