修験道法度

7 の例文 (0.00 秒)
  • かかる飯道寺の勢威は、徳川家康が慶長8年に修験道法度を制定するに当たり、先例に通じた寺院のひとつとして召喚されるほどに評価されていた。 ...
  • 義演は徳川家康からも信任を受け、江戸時代初期の天台宗系修験道である本山派本山の聖護院との相論では江戸幕府の支援を受けて、慶長18年に修験道法度が制定された。 ...
  • 江戸幕府は、慶長18年に修験道法度を定め、真言宗系の当山派と、天台宗系の本山派のどちらかに属さねばならないことにした。 ...
  • このように、修験道は、密教との関わりが深かったため、修験道法度弐を定めることで仏教の一派と見なして統制した。 ...
  • 慶長年間に袈裟を巡って本山派と当山派が対立を起こすと、慶長18年に江戸幕府から聖護院と当山派が本寺と仰ぐ三宝院に対して修験道法度が出され、一派による独占は否定され、両派間のルールが定められた。 ...
  • 同じく村山郷の古刹で、和銅3年、行基開基とされる龍華山真福寺の第八世 法範が醍醐三宝院より法流を相続、慶長18年、修験道法度発布ののち当山派法流が村山に定着したのは元和年間とある。 ...