侠客有名鑑

5 の例文 (0.00 秒)
  • 明治期には「近世侠客有名鑑」において卯吉は二段目西前五枚目において紹介され、比較的上位であるが子分の祐天仙之助よりも格下に置かれている。 ...
  • 江戸後期の甲斐国は全国的に著名な博徒を多数輩出し、1898年に著名な博徒を相撲番付風に紹介した「近世侠客有名鑑」では最上段に挙げられた博徒の2割が甲斐国出身者で占められている。 ...
  • この説の根拠は不明であるが、明治31年「近世侠客有名鑑」では三蔵を「武フ国府ノ三蔵」と記していることや、三蔵が関東取締出役とともに竹居安五郎を捕縛している事実などから生じた説であるとも考えられている。 ...
  • 西保周太郎は甲州博徒の先駆けとなった人物で、明治時代に全国各地の博徒を番付風に記した『近世侠客有名鑑』では「前頭」として紹介され、黒駒勝蔵や竹居安五郎など甲州博徒や、国定忠治・清水次郎長など著名な博徒と肩を並べる存在として扱われている。 ...
  • なお、『近世侠客有名鑑』では周太郎を「上州 西部ノ周太」と記し、上野国の博徒としている。 ...