低い嗚咽

21 の例文 (0.00 秒)
  • これから二人の葬式をしようという感動が、低い嗚咽おえつになろうとしている。 ...
  • 良が啜り泣くように喘ぎ、すぐそれは耐えかねた低い嗚咽に変っていった。 ...
  • 低い嗚咽が洩れ出したとき、黒衣の若者はドアの奥に消えていた。 ...
  • 低い嗚咽おえつを彼女は必死になって、押し殺している。 ...
  • 出来るだけ声を立てないように気をつけるのだが、どうしても、低い嗚咽おえつれてしまう。 ...
  • 少女の肩が震えるたびに低い嗚咽おえつがもれるのだから、陽気な団欒だんらんのわけがない。 ...
  • 外では尋常な物言いをした女が、低い嗚咽おえつの声を洩らしている。 ...
  • 低い嗚咽おえつの声が私の喉をふるわせた。 ...
  • それを破るものは、トリリアンの喉からときおり洩れる低い嗚咽だけ。 ...
  • 僕は居堪いたたまらない気持で、玉順の低い嗚咽を聴いた。 ...
  • 低い嗚咽おえつの声が聞こえた。 ...
  • その時、初めて、低い嗚咽おえつの声を聞いた。 ...
  • やがて高の肩がくずれ、顔が手拭いに伏されて、手拭いの下から低い嗚咽がこぼれ出す。 ...
  • 小夜子は、あてがはずれて、依怙地いこじな力で井上を押しながら春雨でも降るような低い嗚咽おえつの声を彼の耳たぶの傍に響かせていた。 ...
  • 歪んだ口元から隠しきれない低い嗚咽が漏れた。 ...
  • 低い嗚咽おえつがあたりに響きわたった。 ...
  • 低い嗚咽おえつが有里の唇をれた。 ...
  • 次へ