伊達

全て 名詞
2,950 の例文 (0.02 秒)
  • 小さなこぶしに握っている重い鉄の剣も伊達だてに持っていたのではないらしい。 ...
  • さすがに伊達だてに毎日二十トンのウエイトをあげているわけではなかった。 ...
  • 彼女は母を殺すことによつてさだ子と伊達に嫌疑をかけることを考えた。 ...
  • 伊達はこの件に、仕事を離れた個人的な興味をもってしまったようだ。 ...
  • さすがに伊達だてでこの街の刑事を十年以上もやっているわけではなかった。 ...
  • 定山は仙台に滞在した経験があり、伊達に心を寄せていたと考えられる。
  • すると、伊達はこれからバスで長野駅まで行くところだと言ったという。 ...
  • 発音不可能な名称が冠されているのは伊達だてや酔狂ではないということか。 ...
  • 伊達に行動の自由が戻った時、逃亡者の姿すがたけむりのごとくき消えていた。 ...
  • 自殺とすれば彼女は、伊達かよ子と同じく自分の罪を悔いたのであろう。 ...
  • これも元山の指示によるもので、伊達にお店の子とは呼ばれていない。 ...
  • このほか大崎氏や伊達氏に仕えた一族もあり、敵味方に分かれて戦った。 ...
  • いまこの山番所のある一帯も、実はかつて伊達領であった土地なのである。 ...
  • 流転るてんの相の僕をおびやかすのは「伊達様だてさま」の見えなかつたことばかりではない。 ...
  • そこへもつて来て伊達がいつもよりずつとやつれてふけて見えたのだ。 ...
  • 「でもそんなこと考えられません」 そう言ったのは伊達かほりだった。
  • しかし、伊達の顔色には少しもこの言葉からの動揺は見られなかつた。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:伊達