伊勢神宮参詣

17 の例文 (0.00 秒)
  • 伊勢神宮参詣は多くの庶民が一生に一度は行きたいと願う大きな夢であった。 ...
  • この口実には、御師が各地の農民に対して伊勢神宮参詣の勧誘活動を行っていたことも理由になっていたようである。 ...
  • しかし、制度上は誰でも伊勢神宮参詣の旅に行くことは可能だったとはいえ、当時の庶民にとっては伊勢までの旅費は相当な負担であった。 ...
  • しかし、農民の移動に規制があった江戸時代に旅をするにはそれなりの理由が必要で、その口実として伊勢神宮参詣という名目が使われるようになった。 ...
  • 当時、庶民の移動、特に農民の移動には厳しい制限があったが、伊勢神宮参詣に関してはほとんどが許される風潮であった。 ...
  • また、たとえ親や主人に無断でこっそり旅に出ても、伊勢神宮参詣をしてきた証拠の品物を持ち帰れば、おとがめは受けないことになっていたという。 ...
  • こうしたなか、1900年には伊勢神宮参詣の折にみた機械をもとに、独自の晒飴製造機を創り、また、その製造法を発明することとなった。 ...
  • 当時、他藩の領地を通るために必要不可欠な通行手形の発行には厳しい制限があったが、伊勢神宮参詣を目的とする旅についてはほぼ無条件で通行手形を発行してもらえたためである。 ...
  • また、現在ではA寝台に相当する二等寝台車を連結していたため、新任大臣が伊勢神宮参詣に利用する場合が多かったといわれる。 ...
  • また、庶民の移動には厳しい制限があったといっても、伊勢神宮参詣の名目で通行手形さえ発行してもらえば、実質的にはどの道を通ってどこへ旅をしてもあまり問題はなく、参詣をすませた後には京や大坂などの見物を楽しむ者も多かった。 ...
  • 特に商家の間では、伊勢神宮に祭られている天照大神は商売繁盛の守り神でもあり、農家の間では五穀豊穣の守り神でもあったから、子供や奉公人が伊勢神宮参詣の旅をしたいと言い出した場合には、親や主人はこれを止めてはならないとされていた。 ...
  • 伊勢神宮参詣の重要路線として幹線並の扱いを受け、首都圏や西日本各地からの直通列車も運転されていたが、1970年に近畿日本鉄道の鳥羽線が開業すると乗客は激減し、一時は存廃問題にまで発展した。 ...
  • 翌天文23年、伊勢神宮参詣のついでに諸国を旅していた佐竹氏家臣の中に昭直と考えられる「船尾九郎三郎」がいたことが、播磨国浄土寺の壁に残された落書きに記されている。 ...
  • この快速列車の場合、いわゆる伊勢神宮参詣のための速達列車という意味合いのほかに東京駅 - 名古屋駅間の夜行列車の増発ともされている。 ...
  • 応永29年9月には将軍足利義持の伊勢神宮参詣に供奉した。 ...
  • 寛政7年4月松坂を訪れて宣長の伊勢神宮参詣に同校し、8月藩主松平康定を迎えて伊勢参詣を手配し、宣長に引き合わせた。 ...