仮普請

41 の例文 (0.00 秒)
  • 周辺はいまだに仮普請かりぶしんの家が多くて新築の立派な構えは目につきやすい。 ...
  • 仮普請同様の新築で、裏手の方ではまだ職人が忙がしそうに働いている。 ...
  • 信長は、その仮普請の大坂城の天守台に登って、きようの方角を見ていた。 ...
  • その後、仮普請かりぶしんのように建てられたのが、現在の大坂城である。 ...
  • 楡病院の機能は、現在わずか二十坪ほどの仮普請かりぶしんの外来診察所に限られていたのである。 ...
  • ともあれ店は夏の初めに仮普請で再開され、年の暮れには立派な本普請の店が竣工した。 ...
  • 探偵小説はしばしばこういうリアリティーの精密そうな仮普請をする。 ...
  • 焼け残った土蔵どぞうを一家の住居すまいに、それへさしかけて仮普請かりぶしん見世みせにしていたのでございます。 ...
  • 焼け残つた土蔵を一家の住居すまひに、それへさしかけて仮普請を見世みせにしてゐたのでございます。 ...
  • 本丸とはいえ仮普請かりぶしんなので、居室はほとんど板囲いに過ぎない。 ...
  • 度重なる不入りで経営が逼迫していた桐座は、それでもなんとか仮普請で再建し3月に芝居の幕を開けた。 ...
  • とりあえずは大坂と呼ばれている地に、仮普請の小城がある。 ...
  • なお現存する居宅は往年の火災による焼失後の仮普請である。 ...
  • 場所柄だけに、店の方はすぐに仮普請に取りかゝって、十二月には兎もかくも商売をはじめるようになったので、主人や店の者は日本橋へ戻りましたが、焼跡の仮小屋同様のところでは女子供がこの冬を過されまいというので、主人の女房や娘子供は矢はり小梅の方に残っていることになりました。 ...
  • するとお直は、 「これはまだ仮普請かりぶしんで、いま裏の方に、伏見にも京にもないような本普請にかかっているのでございますよ」 と、弁解する。
  • 戦災で本堂は焼けたとみえて、仮普請かりぶしんの小さな建物が、はるか向こうにちぢこまっていた。 ...
  • 所謂いわゆるバラック建ての仮普請かりぶしんが、如何いかに火の廻りが早いものか、一寸ちょっと想像がつかぬ。 ...
  • 次へ