他の棋士

40 の例文 (0.00 秒)
  • やや手がかかり過ぎと見られて、他の棋士はほとんど使用しなかった。 ...
  • 中終盤でも、低段時代から独特の感覚を持ち、他の棋士とは違う読み筋を披露することが多々ある。 ...
  • また控室等で他の棋士達の検討を聞き、取材もする。 ...
  • 過去5回の挑戦手合出場はいずれも井山裕太との対戦であり、他の棋士との対戦は初めてとなった。 ...
  • 長谷川はある時期から対局中の奇妙な行動が目立つようになり、他の棋士を困惑させていたという。 ...
  • 他の棋士との比較は、囲碁の女流タイトル在位者一覧 を参照。 ...
  • 現在でも永世名人や他の棋士の署名を付けるキャンペーンが不定期で行われている。 ...
  • 他の棋士との比較は、タイトル獲得記録、将棋のタイトル在位者一覧を参照。 ...
  • 棋戦に参加して他の棋士と対局をしたり、放送対局の場合、視聴者に対局の解説を行う。 ...
  • 倉島によると毀誉褒貶のある人物であったというが、政治的手腕や大局的なものの見かたなどでは他の棋士の追従を許さなかったという。 ...
  • 他の棋士との比較は、囲碁の女流タイトル在位者一覧を参照。 ...
  • 北村自身はそれまで他の棋士が指したのを見たことがなく、滝誠一郎が「誰かが指したのを見た」と言っていたが、北村自身は不勉強のため知らなかった戦型であったという。 ...
  • 他の棋士との比較は、囲碁のタイトル在位者一覧 を参照。 ...
  • 秀栄は当時他の棋士達をことごとく先二以下に打ち込んでいたが、田村は唯一先を保ち、本因坊継承の最有力候補と見られていた。
  • 上述の通り、北浜は、特に順位戦において好不調の波が顕著な傾向にあり、それゆえに、他の棋士が達成できないような珍しい記録も保持している。 ...
  • これには環境を変えて読み直しを行うことでポカを防ぐという意図があったが、この習慣が他の棋士に知れ渡るにつれて、中原が終盤でトイレに立つだけで戦意を半ば喪失する対戦相手も少なくなかった。 ...
  • 本人と家族の意向で休場せず対局を続けていたが、他の棋士から日本将棋連盟にたびたび苦情が寄せられたため、最終的には連盟の理事会の判断で休場させたという。 ...
  • 次へ