人間数珠

13 の例文 (0.00 秒)
  • 女ばかりではなく、対象は美少年の場合もあること人間数珠の構成に見るがごとし。 ...
  • 憎んでもあまりあるやつ、あとでをあげさせるまで、こやつ人間数珠で縛っておけ!
  • 人間数珠の方は十七! ...
  • 弾正の許すことでない、と考えたが、それよりも当麻坊の提案した人間数珠の変法に強烈な好奇心を抱いた。
  • 褒美は、いまの人間数珠の妖法に対してではない。 ...
  • その夜、昼顔は、天守閣の例の人間数珠の広間に現われた。 ...
  • その状態におちなかった男女は不良製品としてただちに殺されるか、首尾よく助かった者といえども、その報酬は人間数珠で、金輪際この城から逃れることが出来ないのみか、それ自身前代未聞の見世物となり、かついずれそのうち与えられるであろう運命もまた推量にあまりある。 ...
  • 「では、人間数珠じゆずはいかがでござろう」 といったところを見ると、最初「この女が処女である証拠を見せよう」といったことの内容はべつにあったと見える。
  • 例の信貴山城の大広間に於けるあの怪奇なる人間数珠をひと目見せられて、「白状せねばうぬもこのざまだぞ」とえられたとたん、いやも応もなく、脳天から出るような声で以上のことをしゃべり出してしまったのである。 ...
  • 口から肛門へ縄を通された人間数珠。 ...
  • 騎西坊は女を人間数珠じゆずのまんなかにひきすえている。 ...
  • 法師武者は人間数珠のまんなかに、全裸の女体を横たえた。 ...