人格陶冶

14 の例文 (0.01 秒)
  • 晶子は「女性が自分で自己鍛錬・自己修養し、人格陶冶すること」を説いた。 ...
  • がしかし、日本的経営とは、年功序列や終身雇用に象徴される経営形態をいうのではなく、長期雇用がもたらしうる人格陶冶とうやと年功評価をいっていたはずだ。 ...
  • 新島襄は渡米して神学を学び、京都に同志社英学校を設立してキリスト教による人格陶冶に従事した。 ...
  • 大乗仏教精神に基づく人格陶冶を目指している。 ...
  • 北島がラグビーを通じて目指したものは人格陶冶、社会に恥じない人間を育てることであった。 ...
  • 彼は、これまでこの句を、工匠が象牙や玉を刻む時の労苦にたとえて、人格陶冶の苦心を謡ったものだと解していた。 ...
  • 不断の努力によって3の状態にまで高めることを、人格陶冶、人間形成、教養と言う。 ...
  • 「硬教育」による英才教育を唱え、文武の鍛錬と人格陶冶を実践する教育の場とした。 ...
  • どういうことかというと、「成果主義」の徹底は長期雇用がもたらす社内での人格陶冶とうやを放棄することにつながるため「人物」が育ちにくく、長い目で見れば大きな不安定要因を内部に抱えこむことになる。 ...
  • その主著は応用倫理学や人格陶冶に関する書物であり、イスラーム思想の中で倫理学に関する最古の論文である。 ...
  • 人格主義に伴う理論的問題としては、あるべき人格の具体化、人格陶冶の曖昧性の克服、人格主義と個人主義の違いと関係、人格主義からの社会問題への対処法などがある。 ...
  • 河合は教養主義者として、学外では『学生叢書』『教養文献解説』を編集発行し、『学生に与う』を著し、学内では社会科学古典研究会を主催して、人格陶冶と教養の意義を説いた。 ...
  • 奉仕に対する報酬としては、アルブレヒト・フォン・ヨーハンスドルフの歌で、婦人が報酬を切望する相手に答える、「優れた人となり、高潔な心を持」つ、というような「道徳的浄化」「社会的向上」「騎士道的自己完成」「人格陶冶」の要素があった。 ...